【Switch】スイッチのジョイコンが反応しないので自分で修理してみた

ニンテンドースイッチのジョイコンが反応しないので自分で修理してみた
  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

みんな大好きNintendo Switch。我が家も子ども用と大人用に2台ありますが、そのうちひとつのジョイコンが反応しなくなってしまいました。確かに子どもの使い方を見ていると、そりゃそうなるよな…という使い方をしていることも多々あるので仕方ないといえば仕方ないのですが…。そこで今回は、Nintendo Swichのジョイコンを自分で修理できるかやってみました。

目次

ジョイコンの状況

修理した際のジョイコンの状況ですが、該当するジョイコンは左側(青い方)です。Swich本体に取り付けると通常カチッという音が鳴るのですが、はめてみてもうんともすんともいいませんでした。ジョイコン自体のランプは点滅するのですが、本体には認識されないという状況でした。

ジョイコンが反応しなかった原因

解体して分かったことですが、ジョイコンの黒い部分の内側のパーツが1,2個凹んでいました。(写真で青く丸をつけてあるところ)このせいで、本体にはめても反応しなかったのではないかと思います。

ジョイコンの修理に必要な物

今回使った修理道具と修理パーツはこちらです。

故障個所がジョイコンか本体か分からなかったのでスライドレールはジョイコン用と本体用の2種類購入しました。

ジョイコンのネジはとても小さいですが、修理キットを使って簡単に解体することができました。

ジョイコンの修理工程

① 解体する

修理キットのドライバーを使ってジョイコンを解体していきます。繋がっているパーツが外れないように慎重に…。ここでは、家でも修理できるよということを伝えたかったので、おおまかな工程になります。詳しくはyoutubeなどでも色々と修理方法の動画がありますので、そちらを参考にしてください(笑)

② バッテリーを外す

③ さらに内部を解体

④ 黒い部分を新しい物と交換する

自分でジョイコンを修理した結果

30分ほどかかりジョイコンの修理を完成させた結果、無事にジョイコンがまた使えるようになりました。なお、任天堂の公式サイトによると公式での修理はジョイコン1本につき2,200円がかかるそうです。何本もジョイコンが壊れている場合は公式の修理より安上がりですね。しかし、一度自分で解体すると公式の修理に出せなくなってしまうので注意してくださいね。

まとめ

今回はNintendo Switchを自分で修理できるのかやってみたことについてまとめてみました。あまり修理に自信がない方や滅多に壊れない方は公式の修理に出した方が無難かもしれませんが、うちは子どもが良く壊すので、ダメ元でやってみて、無理なら新しく購入しようと思い修理に挑戦しました。ジョイコンがよく壊れてしまったり、修理に自信のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次