ブログを開設するならXサーバーがおすすめ♪Click

キネティックサンドの遊び方 散らかる? メリット デメリット 

キネティックサンドのメリットとデメリット
  • URLをコピーしました!

みなさんは、キネティックサンドというものをご存じでしょうか?

キネティックサンドとは、ズバリ!室内で遊べる砂のことです。

スウェーデン生まれのキネティックサンドは、砂とシリコンでできています。

今回はそんな雨の日の強い味方、キネティックサンドについて実際に使ってみた感想や、

メリット、デメリットをまとめました。

目次

キネティックサンドとは

キネティックサンドは、室内用のお砂です。

普通の砂よりまとまりやすい性質をもつキネティックサンドは、砂が98%、シリコン2%の成分でできています。

型取ると普通の砂よりくっきりと形ができるので、どちらかというと粘土遊びに近い遊び方ができます。

実際に子供が遊んでみた感触

キネティックサンドを購入したのは子どもが3歳くらいの時でしたが、とても喜んで遊んでいました。

1回始めると、30分くらいは大人しく遊んでいたように思います。

色々な形に形取ったり、おもちゃのナイフのような物でさくさくして遊んだり、とても楽しそうでした。

我が家では上記のように、アンパンマンのお砂セットのケースにいれて遊んでいます。

とても相性が良いので、キネティックサンドを購入する際は一緒に購入されることをおすすめします。

もちろん、百均などのケースでも十分です。

砂が痛んだり少なくなった時のためにもう一つキネティックサンドを購入しましたが、3年ほど経った今でも

全然痛んだり、使えなくなることがないので、一つあれば十分かと思います。

キネティックサンドのメリット

簡単にキネティックサンドのメリットを以下にまとめました。

服についてもすぐ落ちる

サラサラしているので、服にこびりついたり、洗っても落ちないなんてことはまずありません。

ささっと払えば簡単に落ちます。

手が汚れない

普通の砂のように、手にまとわりつくことないので、キネティックサンドは手が汚れません。

砂遊びの後のように爪の間に砂が入って黒くなるということがないので、非常に楽です。

(そうはいってもキネティックサンドで遊んだ後は一応手を洗いましょう)

繰り返し遊べる

粘土のように繰り返し遊べます。実際3年経った今でも、購入当初のように遊べます。

室内用なので衛生的

外の砂場だと、猫がトイレにしたり、虫が入ったりと衛生面が心配ですが、こちらは室内用なのでそのような心配がありません。

触感が不思議で面白い

キネティックサンドは水に弱いため、水に濡らさなくても固まりやすい性質です。

そのまま触るとサラサラ普通の砂のようですが、型などだ固めたり、おにぎりみたいに握ったりするとしっかり

固形に固まります。最初はその触感が癖になるかもしれません。

長持ちする

上記にも記載してのですが、我が家のキネティックサンドは購入から3年ほど経つのですが、劣化等なく購入当時のまま遊べます。

なお、キネティックサンドの交換時期の目安ですが、さわり心地が変化したとき(サラサラになる・まとまりにくいなど)だそうです。

新しく砂を交換するときは追加するのでなく、すべて入れ替えましょう。(質感が変わってしまうため)

キネティックサンドのデメリット

次はキネティックサンドのデメリットになります。

水に弱い

こちらは室内用なので、仕方ないといえば仕方ないし、水に濡らさないからこその室内用の砂なのですが、

水に濡らすと、砂同士がくっつかなくなります。

キネティックサンドは水がなくても十分くっつくので、水に濡らさないように注意しましょう。

砂なので、ある程度は散らかる

これは、遊んでる子どもの年齢にもよりますが、やはり砂なので、ある程度は散らかります。

遊ぶ時には広めに新聞紙を引いたり、ブルーシートを引くのがおすすめです。

独特の匂いがある

キネティックサンドは、砂とシリコンでできているのですが、普通の砂にはない独特の匂いがあります。

気にされる方は気にするかもしれませんが、我が家はそこまで気になりませんでした。

子どもも全然気にせず遊んでいます。

キネティックサンドの遊び方

キネティックサンドは乾燥するとサラサラになり固まりにくくなるので、蓋付きのケースで保管されることをおすすめします。

アンパンマンのどこでも砂場セットでは、ケースの他に、写真の物がセットになっているのですが、

このアンパンマンやバイキンマンなどの型にはめて型取りをしたり、お団子などを作ったりすることが簡単にできます。

我が家の息子は、きれいに型取りをしたものを赤いナイフのようなものでサクサク崩すのが好きなようです(笑)

水がなくても簡単に固まるので、手が汚れる心配もありません。

キネティックサンドの処分方法

子どもが大きくなってもうキネティックサンドで遊ばなくなったら、以下の方法で処分することができます。

庭にある土に混ぜたり撒いたりする。

サラサラになったキネティックサンドは、普通の砂になっている状態なので、庭の砂場に混ぜたり、土に混ぜたりすることが可能なようです。

庭などがない場合は、お住まいの自治会のゴミ出しルールに則って廃棄しましょう。

まとめ

ここまでキネティックサンドについてご紹介してきましたが、我が家はキネティックサンドを購入して良かったと思っています。

一箱で十分遊べるし、何年ももつのでコスパは非常に良いのではないかと思います。

子育てしていると、雨の日の一日ってものすごく長いので、少しでも頼れる物があると助かりますよね。

後片付けは少し手間ですが、子どもがキネティックサンドで遊んでいる間は静かです。

お試しあれ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次